〒222-0011 神奈川県横浜市港北区菊名4-2-7 日比野ビル2F
MENU
web予約 公式LINE web問診

ピロリ菌

Helicobacter pylori

ピロリ菌|菊名内科内視鏡クリニック|菊名駅徒歩1分

そもそもピロリ菌とは?

最近皆様も耳にすることが多いピロリ菌ですが、正式名称はヘリコバクターピロリといわれる人などの胃粘膜に生息する細菌なのです。
ピロリ菌に感染すると慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍そして胃がん、ある種のリンパ腫などの発生に関わっていると報告されています。我が国におけるがん死亡率において、胃がんは長年最上位に位置していました。国もこういった状況を憂慮し、2013年からピロリ菌の除菌治療を保険診療で適用し、今日もその治療がなされています。

感染の原因

ピロリ菌

では、そもそもピロリ菌はどのようにして私たちの胃の粘膜に感染するのでしょうか?
諸説はありますが、一般的に経口感染すなわち口から口へ、及び糞から口への感染が考えられています。
ピロリ菌に感染している親が子供に対して食事の口移しなど、濃密な接触をした時あるいは汚染された水、食事を介して胃の中に感染すると考えられています。そのため私たちもピロリ菌の感染が疑われる患者様には、そのご両親にピロリ菌の感染の既往がないか外来で確認しています。

検査

では、実際にピロリ菌がいるかどうか調べるためには、どのような検査があるのでしょうか。検査にはいくつか方法があり、

  • 患者様の息から調べる尿素呼気テスト
  • 血中や尿中の抗体を調べる検査
  • 便中の抗原を調べる検査
  • 内視鏡検査で実際の胃粘膜を摂取して調べるウレアーゼ試験、組織検鏡法、培養法

といった検査があります。
当院では除菌前のピロリ菌の有無を調べる際は、抗体検査や培養法を用いることが多いです。培養による検査では、ピロリ菌の薬剤耐性も同時に測定できるため、除菌治療の際の一助となることがあるためです。

治療

ピロリ菌治療

実際の治療と言いますと、現在は3剤の薬を組み合わせた治療法が最も有効とされており、当院でもその薬剤を処方しています。これは2種類の抗生物質と制酸薬を組み合わせた薬となります。内服は1日2回1週間で飲みきり終了となります。

ピロリ菌に感染しているだけで症状がないと、治療に対して二の足を踏まれる方も多いかとは思います。しかし、継続的な感染が将来の病気の引き金になることを考えると、早くから治療を行うことが賢明です。また、当院でも胃がん発生の予防をすべく、日々除菌治療またそれに伴う内視鏡の検査を行っています。

検診などでピロリ菌感染の疑いを指摘された方や、ご両親にピロリ菌の感染が認められた方など、何かご心配のことがある方はお気軽にご相談ください。

pagetop